久保田先生のブログ

またまた、引用です。(石川県 SIPS 久保田先生のブログから)

昨日読んだ国語の入試問題の随筆に、こんな話があった。

ある男が妻とローマを旅したときのこと、手袋を買い求めようとお店に入ったところ、妻の手をしげしげと眺めた職人が、トンカチで新品の手袋のあちこちをトントン叩き、何年も使い続けた手袋のようにしっくりしたものにして、渡してくれたという。

彼はこの手袋を買うためだけに、またローマに来てもいいと思ったとのこと。

本来、仕事とはこういうものであるべきなのであろう。

目的と手段を切り離して考えれば、確かに効率的にはなるが、それでは味気ない。

とある加賀市の個別指導塾の塾長が、俺のこのブログを評して、「釣りと映画のことなんて書いていても、そんなの保護者の方には何の意味もない。くだらないブログだ。」と自分のブログに書いていたが、勉強の方法や受験情報を書くためにブログはあるわけではない。

そんな冷たい情報を垂れ流すブログより、生きていることの楽しさや面白さを伝えた方が、親は子を預ける際に安心もするし、期待もする。

そもそもただ成績を上げるだけなら、塾なんて必要もない。

ネットで動画の配信でも見て、うちでシコシコ勉強していればいいんだ。

人が人を教えることに意味があり、そこでかけられた言葉で、人の生き方に多くの変化が現れたりするわけで、その化学変化のようなものは、塾に通うことでしか、体感できないものである。

シップスに来るのは、最初は「成績を上げたいため」であっても、そのうち「シップスに通うこと自体が楽しい」に変わってくれればいい。

まあ、加賀市で最大の塾であること自体、俺の考え方に賛同してくださる保護者が多いという証でもあるんだけれどね。

釣りや映画の話ばかり書いていても、人や教育の本質を分かってくださる賢い保護者の方は多いのである。

成績を上げて、高校に合格させることだけが、塾の仕事なら、こんな仕事とっくにやめている。

ローマの手袋店のように、大人になっても、また訪ねて行きたい場所であり続けたいと思う。

今日はこんなところ。また明日。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください