Special教育

今日は朝から研修会に参加してきました。

日本の自立していないエリートによる統治で日本は限界を迎えています。

自立した新しいエリートが必要です。

新しいエリートとは今から150年前、佐賀藩の弘道館で教育を受けたような人たちです。

弘道館は、生徒同士による意見の激しいぶつけ合いによって切磋琢磨したところに特徴があります。

時には藩の家老や殿様とも意見をぶつけあいました。

「文」は、先生の免許をとらないと卒業できず、「武」も免許皆伝でないと卒業できず、その場合、父親の給料が8割減でした。

そのような中から大隈重信や副島種臣などを輩出したのです。

このような教育により、く外国との不平等条約改正や、四民平等、法の支配など近代日本の礎を佐賀藩士がつくりました。

弘道館がなかったら、佐賀藩がなかったら、今の日本はありません。

綾部学院を現代の弘道館にしようと考え始めました。

“Special教育” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください