ふと

思い出したので。

今年の2月末くらいのこと。

県立高入試直前の時期。

中1の夏から通ってくれている

中3のおとぴーと私が話していた。

おとぴーは天真爛漫で楽しい。

私[おとぴーとの3年間がサイコーだったな。

もう、塾、やめようかな。]

おと[やめないでください!]

と、たったこれだけのこと。

これだけのことだけれど、

塾をやってきた自分が

まちがっていなかった。認めてくれている。

と強く感じた。

こういう、瞬間の言葉が

人を支えている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください