ゆうべ9:15頃

実家の向かいに駐車している車がライトを点けっぱなしに

していた。

実家の玄関が煌々と照らされている。

玄関から私が入ろうとしてもライトを消さない。

直接、言いに行った。

「ライトを消してもらってよかですか」

30代半ばに見える男性は「はい」と言ってライトを消した。

駐車している時にライトをつける意味がわからない。

人が入ろうとしている時にも消さない意味がわからない。

人の迷惑に気が付かないのか。

わざとしているのか。

どちらにしてもだめだめだ。

近くに塾があるのでお迎えなのかもしれない。

もし、人の親だとしたら、その親に育てられる子もだめになる。

勉強が出来なくても生きていくうえで致命的ではない。

しかし、人に迷惑をかけることに気づかないことは

生きていく上で致命的だ。

自由にはいつも、公共の福祉という制限がついてくる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください