読んだ。

特に書くことがないから、本について。

小学生の頃は今江祥智さんの本を読んでいた。

「優しさごっこ」連作になっていた。何冊もあった。

あかりちゃんという女の子が素敵だった記憶がある。

中学の時は現実が大変で本を読む心理的な余裕を持てなかった。

高校生の時はノルウェイの森。羊をめぐる冒険。風の歌を聞け。

大江健三郎さんも読んだが、理解できなかった。

大学の時は69シックスティーナイン。佐世保北高校のバリケード封鎖前後の

たぶん実体験を小説にされたのだろうと思う。面白い!の一言。

「想像力が権力を奪う」など印象的なフレーズもあり

ボズスキャッグスの「Still crazy after all these years」という素敵な曲名も

知った。ジャズをテーマにした「恋はいつも未知なもの」も面白かった。

ここ10年くらいで好きなのは喜多川泰さん。

ミステリーではなく、おもしろい小説を読みたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください