どういうこと?そういうこと?

うちの塾は、読んで理解し、説明できる、ということを

最重要事項としている。

最近、ネット上で読んだ記事で気になるものがあった。

学習障害を持つお子さんで読み書きが非常に苦手な子がいた。

しかし、その子は読み書きを介さずであれば、国連の仕組み

など非常にすらすらと

説明できたりすると。

高校入試の際にも筆記の代わりにワープロの持ち込み

許可願を出したと。

ここでの疑問。

説明するためには、その前のインプットの段階を必要とする

が、その子は読まずに

どうやってインプットしたのであろうか。

ネットの動画で?動画を見ただけで説明できるように

なるのだろうか。

仮にネットの動画がインプットの媒体だったとして

アウトプットはすべて、口述するものを動画に記録する

ということになるのか?

引用するデータ、グラフなども動画上に表すのであろうか。

その子が動画を編集できるのだろうか?読み書きが

できないで?

塾に頂いたお問合せにも、算数が得意だから算数だけ取

り組ませたい、というものがあった。

読めなければ、文章題は解けないはずだ。

どういうこと?そういうことなのか、と理解する能力(読解)と

その後、解き方を考える能力(思考)は

別のものと考えるべきなのか。

思考だけ優れていれば、飛び級みたいにして進ませるべきなのか。

誰か興味のある方と話をしてみたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください