進学のコスパ

中学、高校、大学と、ほとんどのこどもは受験を経験することになる。

塾の存在意義は受験のため、という捉え方が一般的だ。

(個人的にはそうは思わない)

自分の経験から言えば、塾っぽいものに通ったのは

近所の英語塾だ。小学5年、6年生くらいに通っていたと思う。

タイプライターを使って単語を打っていた。その他に通ったものはない。

小学生のころから一人で勉強していた。

親に教えてもらっていた記憶はない。

わからない問題をずっと考えてもわからなくて、泣いていた。

それでも教わりはしなかった。

解説を読み、ずっと考え続けた。

中学校で色々とあり高校進学は1年遅れた。

その頃、鹿島高校の合格最低点は200/250点だった。

色々と悩んでいて、勉強する気力もなく、鹿島高校には進学しなかった。

進学先の太良高校で、担任の先生から、鹿島に行っておいたら良かったのに

と言われたので、受験しても合格はしていたのだろうと思う。

このような経験から、勉強の力というのは塾では決まらないと断言できる。

つまるところ、ひとりでどれだけ頑張るかということにつきる。

ひとりで頑張れるためには読み書きができるようにしておかないといけない。

ホームページにも記載しているが小4までが勝負だ。

それまでに読み書きの力をしっかりつけることが1番コスパの良い方法だ。

そうすれば塾には行かずとも全然大丈夫。

うちの塾はこんな考えで指導している。

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください