救われたり、ほっとしたり。

昨日、塾が早く終わり、すき家で牛丼を食べた。

店員さんはホールとキッチンに若い女の子がひとりずつ。

ホールの女の子の笑顔が素晴らしかった。 

その笑顔を見るだけで色々なことから救われる気がした。

ずっとすてきな笑顔で接客してもらえたらな、と思う。

笑顔を見て救われる、心底ほっとする、というのは

たぶん、(あなたはここにいていいんですよ)、という

メッセージを受け取っているのだと思う。

絶望している人をとびっきりの笑顔ひとつで

救うこともあるかもしれない。

勉強の力をつける前に、まずは笑顔を出せる人になろう。

いよいよ、来週、塾の新年度案内をお渡しする。

どきどきしている。

中にはご都合が合わず、退塾、という場合もあるかもしれない。

それでも、塾を気に入って頂けていれば、何とか都合をつけて

続けていただけるはず。

塾経営は3ヶ月後のことを考えて動け、と聞いたことがある。

3ヶ月後はもうゴールデンウイークだ。

あっという間に人生は過ぎる。

まったく、夢のようだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください