さすがと思う。

午前中、武雄市図書館へ行ってきた。人生初。

広くておしゃれ。落ち着いて読書ができた。

何を読んだかといえば、将棋の米長邦雄元名人と

羽生善治元七冠の対談。

話題の中の一つに真理と宗教があり、真理へ至る為の

中間業者としての宗教法人が大きくなりすぎているとの

指摘があった。

仏教で1番偉いのはお釈迦様だが、宗教法人の教祖が偉いという

風潮。

それになぞらえて、塾も挙げられていた。

真理を勉強することと塾に通うことは違うという文脈だったと思う。

まさにその通りだと思う。

塾の言うことだけ聞いていてはその塾を超えることはできない。

真理は塾よりももっと高いところにあるのだ。

その対談は22年前のものだが、教育にトップを示すことが欠けている

ということも挙げられていた。

トップはここですよ。それで学校というのはこのレベルですよ。

あなたはこのレベルですよ。ということだ。

100点をとるためだけの勉強ではトップが何なのかを見失う。

突き詰めればあなたの人生の目的はなんですか、という

問いを忘れてはならないということだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください