消えてしまえ

何事にせよ、やらされることというのは非効率だ。

世の中一般的に、学習塾というものは

先生が前に立ち、数十人の生徒に対して授業をするもの

というイメージがあると思う。

それも生徒にとってはやらされていることだと思う。

イメージするのは松下村塾。

授業はなく、素読や討論を主としていた。

だれひとりとしてやらされているものはいない。

現代の塾もそうあるべきだろう。しかし

現実は勉強をやりたくないこどもが大半だ。

親も塾というのはそういうものだと思っている。

松下村塾は受験のためにあったのではない。

国を思うものが学んだのだ。

受験のための塾はなくなればいいと思っている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください